ダイエット薬の副作用が怖いなら漢方を使ってみよう

ダイエット薬は肥満症などの改善効果が期待出来ますが、副作用があらわれることもあります。西洋薬は症状に対してピンポイントで効く分、細胞にダメージを与えてしまう可能性があるからです。
そこで、副作用が怖いなら漢方を使うという方法があります。
もちろん漢方にも副作用がないわけではありません。漢方は薬効のある貝の殻、草木、動物の骨、などから作られています。このような元になる素材を生薬と言います。
ダイエット薬と違うのは、自然の素材から作られているということです。ダイエット薬よりは効果があらわれるのが遅いというデメリットはありますが、体に徐々に良い影響をあらわしていくのが特徴です。
昔の漢方は粉状の薬になっており、苦くて飲みにくいというデメリットがありましたが、今ではゼリータイプやオブラートで包むなどの方法もあるので、比較的抵抗を感じずに飲むことが出来ます。
漢方の基本は、体にあらわれている不調全体を改善して、症状の改善に効果を与えることです。西洋薬は症状に対して直接作用するので、ここが最大の違いです。
なのでダイエット目的ばかりではなく、体の自然治癒力を高めて、様々な症状を改善していける可能性があります。
副作用が怖いならば漢方を選ぶというと短絡的ですが、西洋薬よりもマイルドな効果が期待出来ます。ただし、使う場合には自分の証(体質・抵抗力・症候)にあったものを使わないと、効果があらわれにくいです。証を確認するには、専門の漢方医に効くのが一番ですが、ドラッグストアなどのエキス製剤を買うのであれば、そこの薬剤師に聞けば良いでしょう。
ダイエット目的で薬を使いたいけれども副作用が怖いなら、漢方を使ってみましょう。